發新話題
打印

熱鬥小馬 續篇 2007

熱鬥小馬 續篇 2007

たいようのマキバオー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%90%E3%82%AA%E3%83%BC

 

 

ヒノデマキバオー / 文太(ぶんた)
性別:牡
毛色:白毛
生誕:2004年3月31日
血統:父 タマブクロス(タマモクロス)、母 マキバコ、母父 サンデーサイデンス(サンデーサイレンス
主戦騎手:福留隼人
馬主:一条(土佐一条氏がモデル)
 
本作の主人公。ミドリマキバオー(本名:うんこたれ蔵)の半妹マキバコ最後の産駒。容姿は先代マキバオー、母マキバコと同様、豚の胴体とカバの頭をくっつけた様な姿で、母親似の前に突き出たたてがみが特徴。両前脚に青いバンテージを巻いている。好物は文旦小夏
 
当初は中央競馬(JRA)デビューを目指し中央の厩舎に入厩するも、生まれつきの脚部不安から適わず、高知の福留厩舎に転厩した。現地ではその愛くるしい容姿から一躍高知競馬のアイドルホースとなり、県外からもファンが訪れる程の人気を誇っていたが、実態は経営難に喘ぐ地方競馬場の運営資金を賄う為の客寄せパンダに過ぎなかった。
レースの勝敗云々は二の次で、客足を絶やさぬ様、体調も省みられずほとんど毎週の出走を強いられていた。だが、これは厳しい経営状態故に高知競馬全体のレース賞金が国内最低クラスであり、その額では厩舎の経営を維持することも困難が伴うという事情による。その不足分をレース毎に支給される出走手当に求めた結果、過密日程でレースをこなさざるを得ない状況を生み出した。これは他の馬達も同様で、連日の酷使による疲労で故障寸前まで追い詰められる馬も多い。したがって、レースでは負傷・疲労のリスクが伴う勝利よりもいかに馬を無事にゴールさせるかが重要視され、騎手達は馬の体調を案じるあまり全力の騎乗が出来ず、結果的にヤラズが横行する現状を作り出していた[1]。もっとも、当の本人(馬?)はそんな事情は知らず常に大真面目にレースに臨み、観客に愛嬌を振りまいていた。
 
黒船賞の日の最終レースで初めて本気で走り、12戦目にして初勝利を挙げる。しかし、その代償として全治3ヶ月の屈腱炎を発症し、長期休養を余儀なくされる。復帰後も連敗が続き(完治を待たずにレースに出走させられたのが大きな要因ではあるが)、常に上を目指ししのぎを削る同世代馬達の姿と、それについて行けずただのお飾りとして祭り上げられる自分とのギャップを思い知らされ、激しい劣等感に苛まれていたが、調整不足ながら挑んだ高知優駿(黒潮ダービー)をノーマークの低評価を覆し勝利。重賞初制覇を果たした。その後、荒炎賞2着。ロータスクラウン賞を制し、ダービーグランプリ4位と健闘したが、再度屈腱炎を発症し休養を余儀なくされる。

 

TOP

估唔到有續篇, 講佢細妹, 不過可惜冇中文版.

TOP

引用:
原帖由 adamying 於 1-12-2009 13:18 發表 估唔到有續篇, 講佢細妹, 不過可惜冇中文版.

 

好想睇呀,

SEARCH 吓先......

TOP

引用:
原帖由 綠寶210 於 1-12-2009 12:40 發表 たいようのマキバオー http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%90%E3%82%AA%E3%83%B ...

 

 

值得推介

最難墮的胎, 就是你我各懷鬼胎.

TOP

引用:
原帖由 adamying 於 1-12-2009 13:18 發表 估唔到有續篇, 講佢細妹, 不過可惜冇中文版.

好似唔係講佢細妹,而係姨甥女。

TOP

發新話題